検討前に要チェック!予定利率≠実際の利回り?その理由とは

外貨建て保険の魅力は、外貨を利用した運用を行うことによる予定利率の高さ。『円で運用する以上の運用効果があるはず!』と円建てでは得られないリターンを期待して検討を始める方が多いと思います。

ただし、予定利率に関しては勘違いしている場合も多いようです・・・!

今回はそんな予定利率と実際の利回りについて確認していきたいと思います。

予定利率の勘違いとは?

予定利率はもちろん商品によって違いますが、3.0%前後の所が多い印象。それに対して円建ては、様々見てみても1.0%程度・・・しかもマイナス金利の影響もあり、1.0%を切る商品も多くなってきているようです。

これを聞くと、確かに有利に感じますよね。

ただし「保険料が○ドル、それに対して利回り3.0%とすると…」と単純計算してしまうと、実際に受け取れる金額とは相違が出てしまいます。何故そうなるか、というと『払い込んだ保険料が全て運用されるわけではない』から。

これは何も外貨建て保険に限ったことではなく円建ての保険でも共通して言えることですが、予定利率に魅力を感じて検討することの多い外貨建て保険だと、これを知らずに検討・加入してしまうと後から『なんか思ってたのと違う・・・』となるかもしれません。

後からがっかりすることが無いように、少しだけここも押さえておきましょう!

さて、ではなぜ払い込んだ保険料が全て運用されないのか?という部分を理解するためには、そもそもの保険料の決め方から確認していく必要があります。

確認:保険料の決め方

まず保険料は『純保険料』と『付加保険料』という2つに分けられます。それぞれの内容は、簡単にご紹介するとこちら。

純保険料・・・死亡保険金・満期保険金の支払いの財源になる部分。
付加保険料・・・保険会社の運営を行う為の財源になる部分。

運用されるのはどの部分?

付加保険料は保険会社の運営に必要な部分ですからここは運用には充てられず、支払いなどに回されます。また純保険料の中でも支払いに充てる為の部分は運用に回さず実際の支払いの為に使われますから、実際に運用されるのは純保険料の中の一部、となります。

じゃあその部分は実際払っている保険料の何割くらい?・・・というと、これは保険会社によっても違いますし、また契約者の条件によっても変わってくるので明記は難しいところ。ただ一つ言えるのは、最初にお伝えした通り、払った保険料がまるまる運用されるわけではない、ということです。

じゃあ外貨建て保険は損?

いえいえ、必ずしもそうとは限りません。これも最初にお伝えした通り、円建ての保険だろうが外貨建ての保険だろうが保険料には運用されない部分の保険料が必ず含まれています。

確かに外貨建て保険は円建ての保険にはかからないような維持コスト等もありますが、円建てより予定利率は高いわけですし、為替益が発生する可能性もあるわけですから必ずしも損になる、という訳ではないと言えます。

ただ、予定利率をそのままの保険料総額に対する利回りと勘違いしてしまうと、後から「こんなつもりじゃなかった!」と思ってしまう可能性があるので、運用利率に注目されやすい外貨建て保険だからこそここはしっかりと検討段階で押さえておいて頂ければと思います。

まとめ

普通の保険もそうですが、外貨建て保険はさらに外貨ならではの部分で見なければならない所も多いもの。せっかく準備するのであれば理解し納得しての加入することが大事です。

自分でもしっかり考えることももちろん大事なことですが、本当にそれであっているのか?何か見落としているところはないか?しっかり最終確認までして頂くことが大事!

そういう意味では、自分で考えられる・決められる方であればなおさら、保険の資格を持ったプロと一度面談していただいて、ご自身の考えの確認と、よりほかにいい方法はないか・・・という確認を行っていただいた上で、より納得感のある決定をしていただきたいなと思います!

関連記事

  1. 外貨建て保険の前に!円安・円高の考え方と傾向

  2. 教育費用の為活用!見逃してはいけない2つのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

一生涯の死亡保障や、老後の資金・教育費、使い道いろいろ!

↑比較検討をご希望の方におすすめ↑

↑資料請求したい方はこちらから↑

↑無料相談の予約希望の方はこちらから↑

↑学資保険を検討したい方はこちらから↑

↑収入保障保険を検討したい方はこちらから↑

↑法人保険を検討中の方はこちら↑

↑住宅ローンの見直しを検討中の方はこちら↑

↑自動車保険の更新をお考えの方はこちら↑